Ratafia de champagne

Ratafia de Champagne

Ratafia de Champagne

20年前からメゾン アンリ・ジローで造られているラタフィア。
ブランデーを添加して酒精強化したワインを毎年オーク樽で熟成させるソレラ方式を採っている。上質のピノ・ノワールが贅沢に使われ、香り高く優雅の味わい。柑橘類の爽やかな香りと、きちんとした酸があり、すっきりした甘さでデザートやチーズとの相性が良く、ボトルもスタイリッシュ。
アイ村グラン・クリュの自社畑で収穫されたブドウのみを使用。ブドウジュースにブランデーを添加して酒精強化し、オークの小樽に入れソレラ方式で熟成。
ソレラ式とは、毎年造られたその年のワインを足していくシェリーなどと同様の製法。

composition

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%

aspect

ブロンズがかった美しい琥珀色。

nose

最初に現れる香りは力強く、さくらんぼ、ターメリックのようなスパイス、アーモンドやマラスキーノ(リキュールの一種)、その奥からは、香りに深みをあたえる肉汁のような香り。時間がたつと、より繊細に、より複雑さを増す。チョコレート、オレンジの皮(ドライ)、ウィスキー漬けのさくらんぼ、カリンのゼリー、シナモンの香りから少しずつ酒精強化ワイン特有の熟成香を感じる。温度が上がると、アプリコットのようなドライフルーツ、洋ナシの煮詰め、グレープフルーツのような柑橘類の香りも現れ始める。

palette

常にやわらかくスムーズな味わいで、あっという間に心地よい舌触りに心が奪われる。この満足感は途切れることなく続き、最後にはドライアプリコット、ココアやさくらんぼといった香りが鼻腔に広がり、綺麗な酸味で口中がクリーンかつフレッシュに。余韻は8〜10秒と長く続く。


すばらしくクリーミーで柔らかな味わいのラタフィアは、フォアグラやお肉料理、豊潤なチーズ、ウォッシュ系のチーズやあらゆるデザートといった幅広いお料理にとてもよく合う。
非常にふくよかな香りで、10-15℃での供出が最適。

 

シャンパーニュ

アンリ・ジローについて

ラインナップ

KFW アンリ・ジロー株式会社

〒105-0013
東京都港区浜松町1-22-8
深谷ビル3F
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

KFW HENRI GIRAUD CO.,LTD

3F Fukaya Bldg.
1-22-8 Hamamatsucho Minato-ku Tokyo 105-0013
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

Pagetop