ARGONNE

Forever and Ever ARGONNE~アルゴンヌの森を守るということ~
アルゴンヌという広大な森フランス シャンパーニュ地方にアルゴンヌという広大な森があります。アンリ・ジロー社は創業の1625年よりずっと、この森の樫の木から樽を作り、その樽でワインを造ってきました。
2013年に初めてリリースされたシャンパーニュ「ARGONNE 2002年」は、アルゴンヌの樫樽100%で1年の樽熟成と8年の瓶内熟成を経て8,500本を生産。アンリ・ジロー社では、長年この森を守る活動に取り組んできましたが、新たな試みとして、ARGONNEを販売した数だけ森に植樹を行う「Forever and ever ARGONNE」キャンペーンを打ち出しました。
一昨年には7,500本を植樹。アルゴンヌの森を永遠に守り続けるためのひとつの活動として、これから5年間にわたりこのキャンペーンをおこないます。

「Forever and Ever ARGONNE」皆さまにボトルを購入していただく毎に、1本の木がアルゴンヌの森に植樹されます。

Argonne

AROGNNE2008

アンリ・ジローの最高級キュヴェ。02年、04年に続くヴィンテージ。
アルゴンヌの森のオーク新樽を100%使用。一次発酵から12か月の樽熟成の後、8年の瓶内熟成を経てリリース。アプリコット、ハチミツ、カスタードなど甘美な香りとともにしっとりと広がるボディからは、完熟感のあるピノ・ノワールのうまみが存分に伝わる。濃い黄金色の輝きにきめ細かい泡立ち。充分な膨らみのあるシャンパーニュグラスで、少し高めの温度で飲むのがお勧め。

composition

ピノ・ノワール90% シャルドネ10%。アルゴンヌのオーク樽で一次発酵後12ヶ月熟成+8年瓶内熟成

aspect

濃いゴールデンイエローに輝きをもつピンクがかったブロンズ。

nose

フルーツの砂糖漬け、木の香り、ミネラルにブリオッシュなど複雑さが広がる。

palette

ボリューム感や豊かさ、なめらかさが一瞬で感じられる。この素晴らしいボリューム感はエレガントな酸味と繊細なタンニンにより、最後まで薄れることなく続く。


コルクの開け方

 

シャンパーニュ

アンリ・ジローについて

ラインナップ

アンリ・ジロー ジャパン

〒105-0013
東京都港区浜松町1-22-8
深谷ビル3F
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

HENRI GIRAUD JAPAN

3F Fukaya Bldg.
1-22-8 Hamamatsucho Minato-ku Tokyo 105-0013
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

Pagetop