ARGONNE

Forever and Ever ARGONNE
アルゴンヌという広大な森 『アルゴンヌ』とは古いフランス語で、湿った土壌を意味します。この森は砂岩の一種で病原菌に耐性のあるgaize(ゲーズ)土壌からなりますが、この土壌で樫の木はゆっくり時間をかけて成長するため、非常に目の詰まった木質になります。これを熟成に使うと、ワインには驚くほどの緻密さがもたらされます。

シャンパーニュ アンリ・ジローは、樽を作るための樫の木を1本1本選び抜き、それぞれの木材が森の中のどの区画で伐採されたものか地理的に完全に把握。そして樽に区画名の焼き印を入れることで、森のテロワールまで完璧にトレースしています。樽の火入れも当主や醸造長が樽職人と一緒にコントロールし、その年のブドウ、それぞれのキュヴェに合わせるべき樽を作ります。 また一方でONF (Office National des Forêts / フランス森林局) とパートナーシップを組み、森の保存や調査を行っています。

アルゴンヌとしてのファーストヴィンテージである「ARGONNE 2002」は、アルゴンヌの樫樽100%で1年間樽熟成、8年の瓶内熟成を経て2013年にわずか8,500本がリリースされました。

Argonne

AROGNNE2008

アンリ・ジローの最高級キュヴェで、02年、04年、08年に続くヴィンテージ。
アルゴンヌの森のオーク新樽を100%使用。一次発酵から12か月の樽熟成の後、6年の瓶内熟成を経てリリース。アプリコット、ハチミツ、カスタードなどの甘美な香りとともにしっとりと広がるボディからは、熟成感とうまみが存分に伝わる。濃い黄金色の輝きにきめ細かい泡立ち。充分な膨らみのあるグラスで、気持ち高めの温度で飲むのがお勧め。

composition

ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%

aspect

濃いイエローゴールドからピンクがかったブロンズ

nose

フルーツの砂糖漬け、木の香り、ミネラルにブリオッシュの香りなどが複雑に広がる。

palette

ボリューム感や豊かさ、なめらかさが一瞬で感じられる。この素晴らしいボリューム感はエレガントな酸味と繊細なタンニンにより、最後まで薄れることなく続く。


コルクの開け方

 

シャンパーニュ

アンリ・ジローについて

ラインナップ

アンリ・ジロー ジャパン

〒105-0013
東京都港区浜松町1-22-8
深谷ビル3F
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

HENRI GIRAUD JAPAN

3F Fukaya Bldg.
1-22-8 Hamamatsucho Minato-ku Tokyo 105-0013
TEL : 03-5777-2639
FAX : 03-5777-2627

Pagetop